↑(PDF資料)

公式SNS
カテゴリー
東金商工会議所

〒283-0068
千葉県東金市東岩崎1-5
TEL 0475-52-1101
FAX 0475-52-1105
MAIL info@togane-cci.or.jp

労務

2023.01.16 「賃金引上げに係る支援」「物価高克服・経済再生実現経済対策」(厚生労働省)

……………………………………………………………………
(1)労働基準行政における当面の賃金引上げに係る対策
(2)物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策

(厚生労働省)
……………………………………………………………………


(1)労働基準行政における当面の賃金引上げに係る対策

厚生労働省では、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」において、最低賃金・賃金支払の徹底と賃金引上げに向けた環境整備、継続的な賃上げの促進・中小企業支援等に取り組んでいます。下記の通り、企業における継続的な賃金引上げが促進されるための支援策をご案内します。

🔴リーフレット「最低賃金・賃金引上げに向けた中小企業・小規模事業者への支援施策」
https://pc.saiteichingin.info/chingin/pdf/shien/doc_01.pdf

🔴賃金引き上げ特設ページ(厚生労働省HP)
https://pc.saiteichingin.info/chingin/

🔴必ずチェック 最低賃金(厚生労働省HP)
https://pc.saiteichingin.info/chingin/

🔴「パートナーシップによる価値創造のための転嫁円滑化施策パッケージ」に基づく各省庁における取組
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/atarashii_sihonsyugi/partnership/index.html


(2)物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策

政府は、「賃上げ」、「労働移動の円滑化」、「人への投資」という三つの課題の一体改革により、「構造的な賃上げ」の実現を目指すこととしています。そこで厚生労働省は、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」を踏まえ、断続的に各種支援策の新設・拡充を行いました。

🔴「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」に係る主な支援策https://www.mhlw.go.jp/content/12602000/001026799.pdf

🔴「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」に係る主な支援策(別冊リーフレット集)https://www.mhlw.go.jp/content/12602000/001027139.pdf

🔴厚生労働省 雇用関係助成金検索ツールhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index_00007.html

╭━━━━━━━━━━━━━━╮
 お問合せは
  労働局・ハローワークです。
╰━━━━━━━━━━━━━━╯



2023.01.12 「病気休暇制度」について(厚生労働省)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「病気休暇制度」について(厚生労働省)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
厚生労働省では、多くの労働者・事業主などの方々に「病気休暇制度」への理解を深めていただくため、好事例集やリーフレットの作成ならびに「働き方・休み方改善ポータルサイト」における発信などを通じて制度導入を促進しています。

【病気療養のための休暇について】
 長期にわたる治療等が必要な疾病等、治療を受けながら就労する労働者をサポートするために付与される休暇。治療・通院のために時間単位や半日単位で取得できる休暇制度や、年次有給休暇とは別に使うことができる病気休暇のほか、療養中・療養後の負担を軽減する短時間勤務制度等が挙げられる。

〇病気休暇制度についてのリーフレット
https://work-holiday.mhlw.go.jp/material/pdf/category4/20221128_1.pdf

〇病気療養のための休暇について(働き方・休み方改善ポータルサイト)
https://work-holiday.mhlw.go.jp/kyuukaseido/recuperation.html

-お問合せ-
厚生労働省雇用環境・均等局総務課雇用環境政策室
TEL:03-5253-1111

2022.01.07 厚生労働省「自動車運転者の改善基準告示(労働時間等)の改正について」

……………………………………………………
厚生労働省
「自動車運転者の改善基準告示
(労働時間等)の改正について」
……………………………………………………
自動車運転者(自動車運転業務従事者)の労働時間等に関しては、「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)」等により、拘束時間(荷待ち時間を含む)、運転時間等の基準(上限等)が設けられております。

 「働き方改革関連法」(2018年成立)による労働基準法改正の結果、自動車運転業務について、時間外労働の上限規制(年960時間上限)が2024年4月1日から新たに適用されることを踏まえ、2022年12月23日付で改善基準告示の改正が行われました(改正告示の適用は、時間外労働の上限規制適用と同じく2024年4月1日から)。

特に、トラックドライバーについて、運送事業者が改善基準告示を遵守するためには、運送事業者だけでなく、取引を行う事業者(発荷主、着荷主、元請運送事業者等)にも、こうした規制内容のご理解をお願いします。

・リーフレット①「トラック運転者の改善基準告示が改正されます!」
・リーフレット②「STOP!長時間の荷待ち」
・リーフレット③「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」

厚生労働省のホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/gyosyu/roudoujouken05/index.html

【問合せ先】
 厚生労働省 労働基準局 監督課 過重労働特別対策室
 TEL:03-5253-1111


2022.12.28 オンラインセミナー「全員戦力化を目指す職場づくり」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ちば「働き方改革」公労使オンライン講演会
「全員戦力化を目指す職場づくり」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

千葉県では、国、労使団体及び金融機関と連携し、「ちばの魅力ある職場づくり公労使会議」を通じて、「働き方改革」に取り組んでおり、その活動の一環として、例年、講演会を開催しています。今年度は、学習院大学経済学部教授の守島基博氏をお招きし、「全員戦力化を目指す職場づくり~魅力ある職場を目指して~」と題し、御講演をいただくほか、千葉労働局から従業員の「学び直し」や「スキルアップ」に活用可能な国の助成制度を御紹介します。
職場の働き方改革や魅力向上について、お悩みの方や興味をお持ちの方は、ぜひ御参加ください。
https://chiba-hatarakikata.com/seminar/898/


▶開催日時:令和5年2月3日(金曜日)午後1時30分から午後3時30分
▶実施方法:WEB会議システム「Zoomウェビナー」によるライブ配信
※オンデマンド配信あり 令和5(2023)年2月7日(火曜日)から10日間
▶費用:無料
▶詳細:開催案内(リーフレット)
▶お申込み:
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_nTx_FFJ9Q_ee85X3Pk9xJg


―お問い合わせ―
令和4年度ちば「働き方改革」公労使オンライン講演会
お申し込みについて
〒260-0028 千葉県千葉市中央区新町1000番地 センシティビル11階(株式会社パソナ 内)
TEL 043-238-9865

2022.12.13 マイジョブ・カードの稼働開始のお知らせ(厚生労働省)

―…―…―…―…―…―…――…―…―…―
【企業:事業主・人事担当者情報】
【学校:進路指導担当者情報】
マイジョブ・カードの稼働開始について
―…―…―…―…―…―…――…―…―…―

厚生労働省は、ジョブ・カードをオンラインで登録、更新できる新サイト「マイジョブ・カード」を令和4年10月26日(水)より稼働開始しましたのでお知らせいたします。
ジョブ・カードは事業主にとっても、採用活動における応募書類等や自社の従業員のキャリア形成支援ツールとして有効に活用することができます。

▶マイジョブ・カードホームページ
https://www.job-card.mhlw.go.jp/
▶厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/jobcard_system.html
▶操作マニュアル
https://www.job-card.mhlw.go.jp/guidance/leaflet

▶リーフレットはこちら
▶応募書類活用チラシはこちら

2022.12.04 12月は職場のハラスメント撲滅月刊です。(対策マニュアルダウンロード)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
12月は職場のハラスメント撲滅月刊です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

🏢パワハラの防止措置が全企業で義務化されました。

厚生労働省の下記ホームページでは
▶ハラスメントで困っている方
▶ハラスメントと言われた管理職の方
▶職場でハラスメントが発生した人事担当の方
それぞれの立場の対応方法が動画などで解説されています。
https://www.no-harassment.mhlw.go.jp/

╭━━━━━━━━━╮
  経営者向け情報
╰━━━━━━━━━╯
▶パワーハラスメント対策導入マニュアルがダウンロードできます。
https://www.no-harassment.mhlw.go.jp/jinji/download/

2022.12.04 【募集中】令和5年1月開講「とうがね夜間創業塾」のご案内(先着順 20名)

「とうがね夜間創業塾」の定員となりましたので申込受付は終了いたしました。
多数のお申込みをいただき、誠にありがとうございました。

╭━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╮
  令和5年1月開講「とうがね夜間創業塾」
  受講生募集のご案内
╰━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╯

≪更新情報:令和4年12月4日 ≫
卒業生のメッセージを掲載しました。


≪令和4年12月1日掲載≫
とうがね夜間創業塾の申込受付を開始いたします。
参加を希望される方は下のURL、または電話等でお申込ください。

 とうがね夜間 創業塾 WEB申込フォーム(定員となり、申込受付終了)

https://forms.gle/oCwUTayLM8YAq8i97

✦┈┈ 昨年の卒業生からのメッセージ ┈┈✦

2022.11.26 \\サブスク// 定額制訓練助成金のご案内(厚生労働省)

•••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••
人材開発支援助成金
―定額制(サブスク)訓練のご案内―
•••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

令和4年度に新設された定額制訓練ができる人材開発支援助成金は、労働者の多様な訓練の選択・実施を可能する定額受け放題研修サービス(サブスクリプション)を助成対象化します。

▶人材開発支援助成金のパンフレット【12~15ページ】https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000985810.pdf
▶人材開発支援助成金チラシ
https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000935260.pdf
http://www.togane-cci.or.jp/wp-content/uploads/2022/11/subsuku.pdf
▶厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

―お問合せ―
千葉労働局職業対策課 電話 043-441-5678

2022.11.21 「協会けんぽ」の各種申請書が変更になります。(2023年1月より)

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
【中小企業情報】
令和5年1月以降、各種申請書等は新様式のご使用をお願いします
(協会けんぽ)
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

協会けんぽでは、より分かりやすくすること、より記入しやすくすること、より迅速に給付金をお支払いすること等を目的として、2023年1月に各種申請書(届出書)の様式を変更します。

2023年1月以降に旧様式で申請された場合、事務処理等に時間を要してしまうことがございますので、新様式のご使用をお願いします。

🔷申請書の様式変更について(協会けんぽホームページ)
🔷新様式のダウンロード
🔷リーフレット

-お問合せ(各都道府県の協会けんぽ支部へ)―
【千葉県】
協会けんぽ千葉支部(代表)
電話 043-382-8311

2022.11.18 「トラック事業の取引環境適正化に向けた取組み」へのご協力のお願い(関東運輸局)

••••••••••••••••••••••••••••••••
トラック輸送の取引環境改善のお願い

≪関東運輸局≫
••••••••••••••••••••••••••••••••

🚚トラック運送業は、国内貨物輸送の4割を担う、日本の生活・経済を支える重要な役割を果たしています。
🚚低賃金・長時間労働など「労働環境の悪化」により、トラックドライバー(特に若い方)が減ってきています。
🚚このままでは、ドライバーが減り、これまでのような安全で良好サービスが提供できなくなり、生活・経済に影響がでてくる恐れがあります。
🚚そんな状況を避けるために
「賃金の上昇を前提」とした労働環境の改善をすすめ、若い方がトラックドライバーとして働き続けることができる「健全な労働環境」に改善する必要があります。
🚚トラック事業については、2024年4月から時間外労働の上限(休日を除く年960時間)規制が適用されることもあり、必要なコストに見合った適正な運賃を収受することで物流の持続可能性を確保することができます。

【お願い】
トラック事業者から運賃交渉の申出があった場合には積極的に応じ、燃料費の上昇分も考慮しつつ、十分に協議を行っていただき、「トラック事業の取引環境適正化に向けた取組み」へのご協力をお願いいたします。


🔶トラック輸送の取引環境改善に向けた取組み(関東運輸局)
https://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/jidou_koutu/kamotu/torihikikankyoukaizen.html

🔶トラック輸送の「標準的な運賃」が定められました(リーフレット)
https://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/content/000275060.pdf

🔶今すぐ分かる標準的な運賃(リーフレット)
https://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/content/000275061.pdf

🔶トラック運送事業者のための価格交渉ノウハウ・ハンドブック
https://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/content/000275064.pdf